記事一覧

時間の余裕がつきやすい

男女

求人数は少な目

ケアマネージャーとは、介護支援専門員とも呼ばれる職種で、介護を受ける人の介護プランを考え事業所と調整するのが仕事です。いわば介護のスペシャリストといえる仕事で、その専門性の高さからなるには試験に合格する必要があります。ケアマネージャーは在宅で介護を受ける利用者のもとに通ったり、様々な介護施設に行ったりする必要があるため、正社員で働くことが多い職種です。責任も重く、時間外業務も少なくないため、パートなどの時間給で働くというのはあまりないのです。ですが、家庭の事情などによりパートで働きたいというケアマネもいます。求人数は少ないですが、探せばパートの求人もあります。ケアマネがパートで働く場合、時間給となる場合と、担当者の件数に応じた給料となる場合、プラン作成数に応じた給料となる場合など給料体系は様々な形になる可能性があります。事業所ごとに異なるので、よく確認しておくべきでしょう。いずれにしても正社員よりも働く量は減ることが多いので、時間の融通はつけやすくなります。通常のパートのように、毎日同じ時間に退勤というわけにはいかないかもしれませんが、それでもかなり融通がつけやすくなるはずです。家庭との両立もはかりやすくなるため、育児などにも時間を割きやすくなります。ただ介護者の都合に合わせて動くという働き方であることから、不規則な勤務体系になりやすいというのは注意点です。時間外業務が発生することもありますし、場合によっては他のスタッフに仕事を依頼する必要があることもあるでしょう。普段からのコミュニケーション力がものをいいます。

Copyright© 2018 最良の転職先を探そう【医療事務求人の確認がお勧め】 All Rights Reserved.