新郎新婦

結婚式の主役を彩る衣装はレンタルできる時代

プロに依頼する

お酒を持つ女性

海外での挙式後、日本で二次会を開く人は増えてきています。そんな方には、幹事代行会社をお勧めします。頼む際は、事前打ち合わせが大事です。しっかりすればするほど、自分達のイメージ通りの二次会にすることができます。

もっと読む

憧れの海外挙式

海

ハワイウエディングは、国内挙式のように準備にわずらわしさを感じるようなこともなく、美しいロケーションの中で心からウエディングを楽しむことができます。ハネムーンを兼ねることもできますし、日本人スタッフも多いので英語が話せなくても安心です。

もっと読む

式に欠かせない演出

ビデオフィルム

結婚式でのムービー演出は今や欠かせないものであり、特に人気なのが二人の生い立ちを伝えるプロフィールムービーです。プロフィールムービーを自作する際には、時間は5分程度にまとめ、誰が見ても状況が分かるような写真を選び、全体的に簡潔に分かりやすいものにすることが大切です。

もっと読む

サイトリンク集

  • 結婚式のレンタル衣装ナビ

    結婚式の衣装のレンタルを利用するならココへ相談。流行を取り入れたおしゃれな衣装があるので、試着をしながらじっくりと検討しておこう。

1番キレイになれる日

花嫁

一生に一回の晴れ姿

結婚式の日取りも決まり、招待客のリストアップや引出物選びなど、やる事は山積み。そんな中でも女性に取って1番テンションが上がるのが衣装選びです。あんなに華やかな衣装、自分の結婚式以外では着られません。自分専用のウエディングドレスを仕立てて着ると言う方もいらっしゃるでしょうが、費用や結婚式後の保管等の問題でレンタルされる方が一般的でしょう。レンタル衣装とは言っても、最近では有名デザイナーがデザインしたものから芸能人がプロデュースしたものまで幅広いバリエーションから選ぶ事が出来ます。サイズも豊富に取り揃えてありますし、授かり婚の花嫁さん用衣装なんかも用意されています。大抵は結婚式場と併設、または提携のお店からレンタルする事が多いと思いますが、一生に一度の晴れ姿。ピッタリ気に入ったものが見つからなければ、大手のウエディング衣装レンタル専門店を検討する事もひとつの選択肢です。

納得行くものを選ぶために

衣装選びはとってもとっても楽しい時間なのですが、衣装選びばかりにそんなに時間を費やす事も出来ません。色々試してみる時間がある方は良いですが、そうでない方は試着の時に必ず自分の親と旦那様に同行してもらいましょう。もちろん、事前にあんな形のものが着たいとかこんな色のものを着たいと言う希望が必ずあると思いますが実際着てみると、なんかちょっと違うかも、という事になりがちです。自分が持っているイメージよりも、小さい頃から自分を見ていてくれる親や、今現在の自分をしっかり見ていてくれている旦那様の方が自分に似合うものを選んでくれる事が多いです。また、冒頭にも書きましたがぴったりイメージに合うものが見つからなければ、大手のレンタル屋さんにも足を運んでみましょう。結婚式場と提携ではないお店の衣装を使用する事になると式場によっては持込料金がかかる場合もありますが、レンタル屋さんによってはこの持込料金を負担してくれる所もある様です。どれ位の持込料金がかかるのかを事前に調べ、負担してもらえるのか交渉してみるのもひとつの手段です。